【准看護師の求人】理想の職場をみつけるための5つの求人の探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
准看護師 求人

准看護師の求人探しは、正看護師の求人探しと比べると、求人数の少なさや、求人を募集している施設に偏りがあるため、希望通りの職場を探すには、ちょっとしたコツが必要です。

この記事では、准看護師の求人を探す方法と、准看護師だからこそ注意するべき求人の選び方についてご紹介します。


 

目次

1.准看護師求人の特徴
(1)正看護師と比べると少ない
   ア.准看護師の求人が少ない2つの理由
(2)介護施設やクリニックでのニーズが多い

2.准看護師求人の5つの探し方
(1)最も病院の実情がわかる仕事探し – 知人からの紹介
(2)求人検索エンジン – ネット上の准看護師求人を一括で探す
   ア.求人検索エンジンのメリット
   イ.求人検索エンジンのデメリット
(3)地元のクリニックの求人に強い –ハローワーク
   ア.ハローワークのメリット – 地方の准看護師求人を多く扱っている
   イ.ハローワークのデメリット
(4)健全な経営の医療施設を探すなら – eナースセンター(看護協会)
   ア.eナースセンターのメリット
   イ.eナースセンターのデメリット – 准看護師の求人が少ない
(5)転職活動をスムーズに進めたいなら – 看護師転職サイト
   ア.看護師転職サイトのメリット
   イ.看護師転職サイトを利用する際の注意点

3.准看護師求人の選び方と注意点
(1)准看護師が多く在籍している病院を選ぶ
(2)働くスタッフの健康に配慮してくれる職場を選ぶ
(3)クリニックで働く准看護師に求められるのは即戦力

4.准看護師が希望の職場で働くための求人探しのコツ
(1)高給与の准看護師求人の探し方
(2)キャリアアップで求人の幅を広げる
   ア.正看護師の資格取得のメリット
   イ.キャリアアップを目指す際の求人の選び方
   ウ.准看護師として働く?正看護師を目指す?

5.おわりに

 

1.准看護師求人の特徴

現在看護師不足が深刻な問題となっています。そのため、准看護師の求人探しもそれほど難航しないだろうと思われがちですが、准看護師の求人探しにおいては勝手が違います。

(1)正看護師と比べると少ない

以下の表は、2015年11月時点でナースセンターに登録されている東京都の有効求人数です。

東京都の有効求人数(2015年11月時点)

准看護師 正看護師
常勤 32 691
非常勤 19 507

(参考:eナースセンター

正看護師の求人数と比較すると、准看護師の求人数は常勤・非常勤ともに正解越しと比較すると、かなり少ない求人数となっています。

ア.准看護師の求人が少ない2つの理由

最近は准看護師を採用しないという病院も増えてきています。それには主に以下の2つの理由があります。

①看護配置基準による准看護師の雇用控え
2006年度の診療報酬改定において、「7対1」入院基本料が創設されたことにより、入院している患者さん7人に対して看護職員が1人が勤務している病院では診療報酬を高めに設定することができるようになりました。

しかし、准看護師はこの「7対1」制度を満たす看護配置人数に含まれません。
そのため、「7対1」制度を取り入れている病院では、准看護師よりも看護配置人数にカウントできる正看護師を採用するようになりました。

② 医療の高度化による准看護師の雇用控え
医療の高度化に伴い、准看護師の学習内容だけでは臨床に弱いと考えられて、特に大学病院や国立病院など大きな医療施設では准看護師の採用を避ける傾向にあります。

(2)介護施設やクリニックでのニーズが多い

以下の表は看護roo!で掲載している准看護師求人を医療機関ごとに分類しています。

准看護師 施設別求人数
(参考:看護roo!

准看護師の求人は、介護施設やクリニックなどで多い一方、大学病院や赤十字病院等、いわゆる大病院での求人はほとんどないのが現状です。

 

2.准看護師求人の5つの探し方

准看護師の求人を探すには以下の5つの方法があります。

准看護師求人の5つの探し方
・知人の紹介
・求人検索サイト
・ハローワーク
・看護協会
・看護師転職サイト

(1)最も病院の実情がわかる仕事探し – 知人からの紹介

知り合いからの紹介は、病院の雰囲気や働き方を事前に知ることができる為、入職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔することのない有効な求職活動の方法です。

なかでもおすすめなのは、准看護師時代の同窓生に連絡を取ってみることです。現役で准看護師として働いている方の職場の生の声は、求人情報だけでは知ることができない、あなたが職場の働きやすさを判断するための貴重な情報です。

今でも連絡を取りあえる同窓生がいるなら、是非相手が働いている職場で准看護師の募集をおこなっているかを聞いてみましょう。

(2)求人検索エンジン – ネット上の准看護師求人を一括で探す

求人検索エンジンは、インターネット上にある、医療機関の採用ページや転職サイトに掲載されている求人情報を一括で探すことができ、多くの求人情報を探す時にはとても便利なサービスです。
また、希望の条件とメールアドレスを登録すると、希望の条件の新着求人があった時に、メールで通知を受け取る事が出来ます。

代表的な求人検索エンジン
indeed
キャリアジェット
キュウサク

求人検索エンジンの詳しい利用方法は以下のページを参考にしてください
(参考:(2)最も簡単にたくさんの求人を探す -求人検索エンジンを利用する)

ア.求人検索エンジンのメリット

求人検索エンジンを利用して求人を探すメリットは、一度の検索で大量の求人を見つけることができる点です。
以下の表は、求人検索エンジン、ハローワーク、eナースセンター、看護師転職サイトを、東京都の准看護師求人の有効求人数が多い順に並べました。

東京都の准看護師の有効求人数比較(2015年11月時点)

有効求人数
求人検索エンジン(indeed) 13,963件
ハローワーク 2,740件
看護師転職サイト(看護roo!) 2,335件
看護師転職サイト(看護のお仕事) 1,800件
看護師転職サイト(ナース人材バンク) 105件
eナースセンター 51件

求人を探す時期や希望する地域によって、みつけられる求人数には差がありますが、最も多くの求人を見つけられるのは求人検索エンジンを利用しての求人探しになります。

イ.求人検索エンジンのデメリット

①求人検索サイト上では求人への応募ができない
求人検索エンジンを利用して見つけた求人に応募する際には、求人情報を掲載しているサイトから問い合わせをする必要があります。

②応募先の病院の情報が少ない
求人検索エンジンサイトでは、掲載されている求人情報以上の病院の情報はありません。そのため、応募する前の事前の情報収集は自分でおこなう必要があります。

(3)地元のクリニックの求人に強い –ハローワーク

ハローワークでは全国各地の准看護師求人を取り扱っています。
求人の掲載に費用がかからない為、クリニック等小規模な医療施設での求人も多く掲載されています。

また、インターネットでハローワークが扱う全国の求人情報を見ることができるサービスもあります。
ハローワークインターネットサービス

ア.ハローワークのメリット -地方の准看護師求人を多く扱っている

地域別の准看護師求人数比較(2015年11月時点)

地域別の准看護師求人数

ハローワークでは、首都圏はもとより、全国各地の准看護師の求人を扱っています。
特に、クリニックの求人が多いことが特徴です。

イ.ハローワークのデメリット

①求人応募の受付はハローワークの窓口のみ
ハローワークで掲載している求人への応募は、ハローワークの窓口でおこなう必要があります。

全国ハローワークの所在案内

②経営状態や労働環境の悪い病院の求人もある
ハローワークは無料で求人を掲載することができる為、中には経営状態や労働環境の悪い病院の求人もあります。そのため、求人に応募する前に自分で求人先の病院の良し悪しを判断する必要があります。

③応募先の病院の情報が少ない
ハローワークでは、職業相談の担当者であっても、求人を掲載している病院についての情報は求人情報に掲載されている情報以上のことについて詳しく把握していません。そのため、応募先の病院の働きやすさや人間関係などの情報は自分で調べる必要があります。

(4)健全な経営の医療施設を探すなら – eナースセンター(看護協会)

看護協会が全国でおこなっている無料職業紹介を、インターネット上で出来るようにしたものがeナースセンターです。ハローワークと同様に地方の医療施設の求人を多く取り扱っています。

eナースセンター

ア.eナースセンターのメリット

①人探しから求人応募までを全てネット上で完結できる
eナースセンターでは、求人探しから求人応募までを、全てネット上でおこなうことができます。

②応募先の病院の情報を知ることができる
eナースセンターは、看護協会が運営する職業紹介であるため、応募先の病院が、看護職員の働きやすさに対してどのような取り組みをしているのかの情報を把握しています。そのため、求人に応募したい病院が見つかったら、応募前に病院の情報を教えてもらうことができます。

イ.eナースセンターのデメリット -准看護師の求人が少ない

以下の表は、2015年11月時点でeナースセンターとハローワークに登録されている東京都の有効求人数です。

東京都の有効求人数(2015年11月時点)

准看護師求人数
eナースセンター 51件
ハローワーク 2,740件

ナースセンターでは、全国各地の看護師の求人を扱っていますが、准看護師の求人については、扱う数がとても少ないのが現状です。

(5)転職活動をスムーズに進めたいなら – 看護師転職サイト

看護師専門の転職サイトでも准看護師の求人を多く扱っています。
求人情報を見るだけであれば、会員登録は不要です。
ただし、会員登録をすることで他の求人探しにはないメリットもあります。

参考までに下記は主な転職サイトの准看護師の求人数ランキングになります。(2019年3月時点)

順位転職サイト名求人数
1位看護のお仕事19,848件
2位マイナビ看護師12,706件
3位看護roo!2,205件

ア.看護師転職サイトのメリット

① 求人探しから入職後の手続きまでをフォローしてもらえる
転職サイトのサービスを利用するためには、無料の会員登録が必要となります。会員になった後、カウンセリングで自分の就職先についての要望を伝えることで、キャリアコンサルタントがあなたの希望の条件に合った求人を代わりに探してくれます。
また、面接や病院見学の日程調整など、求職活動の面倒事を無料で委託することができます。

② 病院の情報を知ることができる
看護師転職サイトでは、これまで多くの求人紹介をおこなってきた実績から、全国各地の病院の情報を把握しています。病院の給与や福利厚生等待遇面での情報の他にも、職場の設備や雰囲気、人間関係等、入職前に知っておきたい情報を担当のキャリアコンサルタントから教えてもらうことができます。

③非公開求人を紹介してもらえる
転職サイトでは、応募が殺到すると予想される条件の良い求人は、「非公開求人」として一般には公開していません。転職サイトに無料会員登録をすることで非公開求人を紹介してもらうことができます。

イ. 看護師転職サイトを利用する際の注意点

①キャリアコンサルタントとの相性がある
求職活動から入職までのフォローをしてくれるキャリアコンサルタントは、いわばあなたの代理人です。なんでも相談しやすい関係を築けるかどうかは、キャリアコンサルトとの相性もあります。

②転職サイトごとに得意な地域の差がある
全国の看護師求人を取り扱う転職サイトは多いですが、それでも各転職サイトごとに、どの地域の就職に強いのかの差があります。そのため、自分が希望する地域に強い転職サイトを選ぶことが大事です。

各転職サイトの都道府県別准看護師求人数比較
転職サイトの都道府県別准看護師求人数

これまで、5つの求人探しの方法をご紹介しました。これらすべてをおこなえば、それだけ見ることができる求人が増え、選択肢も広がるのですが、時間と手間がかかってしまいます。
そこで、5つの方法の中から、あなたが最も効率よく求人探しができる方法を選んで実行してみましょう。

 

3.准看護師求人の選び方と注意点

ここでは、准看護師ならではの求人の選び方をご紹介します。

(1)准看護師が多く在籍している病院を選ぶ

准看護師が働きやすい職場を選ぶ際に、一番わかりやすい基準となるものは「准看護師が多く在籍している」ということです。
一般的に准看護師が多く在籍している職場では、正看護師と准看護師の役割がきちんと分けられていることが多く、そのため「正看護師と同じ仕事なのに給料だけ安い」という不満は少なくなります。
また、准看護師が多く働いている職場では、准看護師であっても昇進をする機会が多くなります。

さらに、活躍している准看護師が多い職場では「正看護師が上で准看護師が下」といった准看護師に対する偏見目はなく、看護職としての仕事への取り組みの姿勢を重要視してくれる病院であるといえるでしょう。

(2)働くスタッフの健康に配慮してくれる職場を選ぶ

日勤専従の場合を除き、准看護師の仕事も正看護師と同じように、必ず夜勤の仕事がつきものです。
夜勤は、日勤業務と比べると、精神的にも肉体的にも体への負担が大きい勤務になります。さらに、交代制勤務は体内リズムの乱れにより健康を損ねやすい働き方になります。
しかし、人手不足を理由に、無理なシフトを組んで、働くスタッフの健康を害するような働かせ方をする病院も中にはあります。
そのため、准看護師が職場を選ぶ際には、その病院がどれだけ「夜勤で働く看護師の健康を守るために配慮しているか」を確認することは、あなたが長く健康的に働き続けられる職場で働くためには欠かせない条件です。
(参考:夜勤で働きやすい病院の探し方

(3)クリニックで働く准看護師に求められるのは即戦力

クリニックでは、准看護師を募集している病院が多くあります。ただし、一般的に大病院と比べてスタッフ数の少ないクリニックでは、経験の少ない准看護師に教育をおこなう余裕はありません。そのため、クリニックが採用の際に准看護師に求める条件は「即戦力」です。

経験のない准看護師や、ブランクのある准看護師が、即戦力を求めるクリニックでの就職を希望する場合、全国各地で行われている准看護師に向けた復職支援研修などで、基本的な技術を身につけたうえで、就職活動を始めましょう。
(参考:都道府県看護協会・関連団体

 

4 准看護師が希望の職場で働くための求人探しのコツ

(1)高給与の准看護師求人の探し方

准看護師の給料は、働く地域や病院ごとに異なりますが、施設や診療科目毎に給与額の傾向があります。

業務内容別の准看護師給与のランキング
業務内容別の准看護師給与ランキング
(参考:診療科・業務内容別准看護師給料ランキング

訪問看護や一般病棟では准看護師の給料は高い傾向にあります。
給与の高い准看護師の職場を探す際には、上の表に挙げられる高給与の施設や診療科目の求人を探してみましょう。

(2)キャリアアップで求人の幅を広げる

転職でキャリアアップにつなげたいという准看護師の方も多くいらっしゃいます。しかし、クリニックや介護施設での求人が多い准看護師ですが、臨床経験のスキルを磨ける一方大病院での求人はほとんどありません。
そこで、正看護師資格を取得することでさらなるキャリアアップにつなげるという方法もあります。

ア.正看護師の資格取得のメリット

正看護師にキャリアアップするメリット
・選べる求人の数が増える
・給料が上がる
・昇給、昇格のチャンスが増える
・業務の幅が広がる

イ. キャリアアップを目指す際の求人の選び方

准看護師を募集する病院の中には、正看護師の資格取得を前提として、積極的に准看護師を採用している病院もあります。
このような病院では、准看護師の仕事と資格取得のための勉強の両立を病院全体で支援しているため、周囲の理解も得られやすくなっています。働きながら正看護師の資格取得を目指す場合は、このような病院の求人を選ぶようにしましょう。

ウ.准看護師として働く?正看護師を目指す?

正看護師になるメリットは知っていても、家庭の事情等で資格取得をためらっている方や、また、准看護師の仕事に誇りを持ち、生涯准看護師として働き続けたいと考える方は多くいらっしゃいます。
一生准看護師として働くことも、正看護師へのキャリアアップをする働き方も、どちらがいいという正解はありません。

ここでは、実際に准看護師から正看護師へキャリアアップをした方と准看護師として働き続ける選択をした方の体験談をご紹介します。
あなたがこれから看護師として、どのようなキャリアを積んでいきたいのか、どんな働き方に喜びを感じられるのかを見つめる参考にしてみてください。

①正看護師の資格をした准看護師の声

昔、自分が看護になりたての頃でも病院によっては准看より正看が欲しいからとお断りされた事もありましたよ。それがくやしくて正看になりました。同じ職務内容でも給料も待遇も違うのに驚きました。苦労したかいがありました。

だんごちゃんさん

進学コースの学校は、勉強になった良い経験です。正看護師の免許は取った方が確実に有利です。事実ですが、准看護師は働く場所も限られます。患者さんで正・准看護師であるかどうか、気にされる方も少数います。

のあおさん

准看で働きながら進学コースに通っていました。
勉強は奥深く、実習も准看のときとは異なりました。
「こんなことも知らないで働いてたんだ…」とショックを受けました。
当時は透析クリニックだったんで准看のスタッフも多い職場だったのにです。
その後働いたのは正看護師しか募集してない公立病院。
次は総合病院で、准看もいましたが、シフトなども正看のトップから正看の新人の名前までが順に並んで、古株だろうがなんだろうがその次に准看の名前がのせられてるようなところでした。
今の職場も正看と准看では大きな違いがあり、この春准看の方が退職されましたがそれも1つの理由かもと言われています。

匿名さん

②准看護師として働き続けている方の声

私は最初から生涯、准看だけで行くと決めて正看へは進みませんでした。
結婚・出産での長いブランクもあり、違う土地で再就職してクリニック勤務してます。
クリニックなので正看・准看の違いをほとんど感じた事はないです。
幸いな事に実力行使で使って下さる所でしたので、給料面でも差はありません。
准看?と見下されても、平気です。
クリニックでしか通用しないと十分わかっていますし、勉強されいる正看さんに到底かないなせんし、自分で選んだ道ですし、自分で満足しています。
准看なりに・・・^^誇りを持って頑張ってます。

匿名さん

私は准看ですが、私の周りには准看も いますし正看もいます。ただ私の周りにいるスタッフはそれぞれみんなプライドを持って仕事しています。私はこの仕事について14年立ちますが患者のケアに直接関わり急変した利用者さんが治療して元気になった、笑顔が見られる、その瞬間に喜びを感じます。

香りさん

 5.おわりに

この記事を通して、准看護師が働きやすい職場で働くための求人探しのコツをつかむことができたでしょうか?職場探しは、自分がどのような働き方を望んでいるのかによって、求人選びの基準も変わってきます。
この記事をきっかけとして、あなたが理想の職場に出会えることを心から望んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職や就職を考えていて、こんな悩みをお持ちの方はいませんか?

  • 求人を探している時間がない
  • もう人間関係で失敗したくない
  • 自分の就職活動に自信がない
そんな方は転職サイトの転職サポートがおすすめです。登録すれば無料で利用できます。
  • 非公開求人の紹介等で時間短縮ができる
  • 職場の内部情報を教えてもらえる
  • 履歴書の添削や面接同席等のサポートをしてもらえる
   

この記事の作成者: k.kurimoto

コメントを残す

個人情報の取り扱いについて同意のうえ、送信をお願いします。

*