【眼科看護師パーフェクトガイド】簡単?覚えることだらけ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
眼科 看護師

看護師のみなさんは、転職先として眼科が候補にあがったことはありませんか?

「なんだか楽そう」
「クリニックなら夜勤はないのかな?」
「検査は誰でもできるの?」

などとお考えの方もいらっしゃるでしょう。

この記事では

  • 眼科看護師の仕事内容
  • メリット・デメリット
  • 効率的な求人検索方法

など、体験談を通してお伝えします。

眼科の仕事が自分に合っているか、この記事を参考に考えてみて下さいね。

※この記事は2017.10.25
「1.気になる眼科看護師の仕事内容」
「2.眼科の看護師がスキルアップできる2つの方法」
「3.眼科の看護師の求人特徴」
を更新しました。

目次

1.気になる眼科看護師の仕事内容
(1)【検査多数】手術、視能訓練士の有無で変わる業務内容
   ア.手術なしの病院、視能訓練士がいる場合
   イ.視能訓練士がいない場合、または足りていない場合
   ウ.手術ありの病院の場合
(2)眼科看護師経験者の体験談
   ア.眼科看護師のやりがいや「メリット」
   イ.眼科看護師の苦労や悩みと「デメリット」
   ウ.眼科看護師の向き不向き
(3)覚えることがたくさん!眼科業務に役立つ勉強法

2.眼科の看護師がスキルアップできる2つの方法
(1)視能訓練士(ORT)を取得する
(2)眼科コメディカル(OMA)に認定される

3.眼科の看護師の求人特徴
(1)給料は自費診療の割合により変わってくる傾向
(2)求人は少ない
(3)求人でチェックする3つのこと
(4)インターネットを使って効率的な求人探し
   ア.求人検索エンジンの利用
   イ.看護師転職サイトを利用する
4.まとめ

1.気になる眼科看護師の仕事内容

(1)【検査多数】手術、視能訓練士の有無で変わる業務内容

眼科の仕事は手術の有無、検査を専門とする「視能訓練士(国家資格)」がいるかいないかで業務内容が大きく変わります。
また、国家資格ではありませんが、「眼科コメディカル(OMA)」が検査を担当する場合もあります。

【視能訓練士、眼科コメディカルとは】

眼科で医師の指示のもとに視能検査を行い、斜視や弱視の訓練治療にもたずさわる資格、知識を持った人のことです。

詳細は2.眼科の看護師がスキルアップできる2つの方法をご覧ください。

(参考:日本視能訓練士協会

ア.手術なしの病院、視能訓練士がいる場合

  • 採血、点滴、注射などの基本的な看護業務(検査や抗生剤投与に必要)
  • 医師の診察補助
  • 点眼業務(説明、処方、指導)
  • 患者さんへ検査の説明や時間がかかることへの配慮、カルテ出し、患者さんの呼び込みなど
  • 視能訓練士の検査補助

検査員が2人くらいいて、病院(病棟)じゃなくて、手術件数が少ないところの看護師はパラダイスだと思っています。クリニックなら介助必要なしの人の割合が多く、呼び込みとカルテ運びばっかりやってて楽そうな看護師がいました。」
(参考:看護師お悩み相談室

手術がない(少ない)、視能訓練士の人数も患者数に対して足りている場合は余裕を持って働けるようですが、実際は看護師も検査業務を行うことが多いようです。

イ.視能訓練士がいない場合、または足りていない場合

上記のア.の業務にプラスして、「視能訓練士の検査補助」の部分が補助ではなくなり、看護師が検査を行い、眼鏡・コンタクト合わせ業務も加わります。

【プラスされる検査業務】

  • 視力検査
  • 眼圧測定
  • 眼底検査
  • 網膜検査
  • 視野検査
  • 視野検査
  • 蛍光眼底造影検査など
  • 眼鏡・コンタクト合わせ業務
    ※近視、遠視、乱視などの屈折異常や調節異常の検査をして、メガネやコンタクトを処方する医療行為のこと

ウ.手術ありの病院の場合

上記のア、イの業務にさらに「手術に関する業務」が加わります。

【さらにプラスされる手術業務】

  • 白内障、緑内障、網膜剥離、レーシックなどのオペの準備、医師の介助
  • 術後の視野が不安定になっている患者さんの介助

(参考:看護師お悩み相談室
(参考:看護師お悩み相談室
(参考:ウエダ眼科
(参考:眼科杉田病院

(2)眼科看護師経験者の体験談

実際に眼科に働いている人の体験談を通して眼科の魅力をお伝えします。

ア.眼科看護師のやりがいや「メリット」

覚えるのは大変だが経験、検査回数を積むことでカバーしていける
眼科ならではの特殊な検査やコンタクト処方なども学ぶことができる
手術後などに目の見えなかった患者さんの視力回復を共に喜ぶことができる
 定期受診の方が多く顔なじみになれる

(参考:看護師お悩み相談室
(参考:田辺眼科クリニック
(参考:看護師コミュニティ

  • 眼科のやりがいやメリットに関する体験談

「私の友人も眼科勤務していますが、慣れれば簡単って言ってましたよ。経験が大事です。経験なしには上達しません。3か月もすればだいぶ変わると思いますよ」
(参考:看護師お悩み相談室

「眼科って 私達に1番親しみやすい科だと思います。初めは検査の方法や結果ばかりに必死になりがちですが、DM(糖尿病)の方は網膜症になりやすいですし、白内障の方も少なくありません。高齢でも 免許証更新だと検査に来られる方もいたり。また、飛蚊疾は老化現象だったり、といった疾患や生活背景みたいなのも勉強できます。自分だって年いけば眼科に通うことになるかもしれませんし、今のうち経験しておいて損はないと思います。」
(参考:看護師お悩み相談室

「白内障が進行している方の場合は本当に曇ったように見えなくなっているそうですので、手術後に「こんなに鮮やかな色だったんですね」などと声を掛けられることもあります。患者様からそのようなお言葉を頂いたときにはこの仕事について本当によかったなと実感します。」
(参考:二本松眼科病院

イ. 眼科看護師の苦労や悩みと「デメリット」

手術あり、検査業務ありだと覚えることが多い上に忙しい
病院によっては受付の人・眼科コメディカルと看護師の業務が変わらず、自分の存在意義がわからなくなる
精密機械や眼底カメラなどの取り扱い、検査のコツがなかなかつかめない
 他に転職を考えたときにどこの病院でも部署でも対応できる自信がなくなる

(参考:看護師お悩み相談室
(参考:看護師お悩み相談室
(参考:看護師コミュニティ

  • 眼科の苦労や悩みやデメリットに関する体験談

「手術あるなら、介助に入りますよね?器械準備やら件数分の用意すると、外来と術室の往復です。
眼科の手術は儲かるから先生はやりたいのわかります。 その代わり介助者は白内障×件数分の準備介助…結構大変ですよ…。忙しい、大変は覚悟して入るのをお勧めします。
(参考:看護師お悩み相談室

「患者様はスタッフ全員を看護師と思っている方が殆どなので、眼科コメディカルの後輩(国家資格者ではない)を『看護主任』と勘違いしているようです。確かに注射やオペ介助する以外仕事内容はあまり変わらないのですが、頑張って看護師になったのに看護師ではない後輩が看護主任と思われるのが本当に嫌です。
(参考:看護師お悩み相談室

患者さんの協力あっての視力検査ですから、患者さんの集中力が途切れないようにスピード勝負のところもありますし。眼鏡処方なんてすごく苦手でした。特に遠近両用眼鏡だと、時間も倍かかってしまうし、不同視の患者さんでは頭抱えたりしてました。慎重に検査しないと、過矯正だったり、後から眼精疲労や頭痛を訴えられる方もおられるので…。」
(参考:看護師お悩み相談室

ウ.眼科の看護師の向き不向き

メリット・デメリット・体験談をお伝えした上でどんな人が眼科の看護師に向いているかまとめました。

【眼科の看護師に向いている人】

  • 眼科のコツをつかむまで自分でも努力できる。すぐ落ち込まず、向上心のある人
  • 忙しいことがあることも納得できる人
  • 検査が多いこともルーティンワークにならず取り組んでいける人
  • 特殊な分野の勉強や業務に楽しさを感じていける人
  • 眼の疾患や手術での患者さんの不安を和らげたり、視界のサポートを親身に行える人

【眼科の看護師に向いていない人】

  • 眼科の業務は楽そうだと努力していく姿勢がない人
  • データの蓄積、数字による診断(検査業務)の繰り返しが苦痛に感じる人
  • 専門的な分野を深く勉強するよりも広く浅く知識を得たい人
  • 患者さんとのコミュニケーションが苦手な人


 

(3)覚えることがたくさん!眼科業務に役立つ勉強法

数ある検査、機械の扱い、対応したことのない目の疾患、本当に覚えることがたくさんありますよね。
眼科の看護師に役立つ勉強法や先輩方がどんな風に覚えて業務に役立てたのかをご紹介します。

最初から出来た人はいらっしゃらず、コツコツ勉強と検査回数を重ねて検査技術が磨かれ、眼科の楽しさが実感できるようです。未経験でも眼科にチャレンジしてみたいと思われた方は参考になさって下さいね。

  • ネットで勉強

役に立ったサイト→目と健康シリーズ

「白内障、緑内障、糖尿病性網膜症などなど一般の方でも分かりやすく説明されてます。ほぼ病棟に入院してくる患者さんの疾患がここで分かるくらい、病名の種類も豊富です。
私は初めて眼科病棟に来たとき、本を買ってもちんぷんかんぷんで、この目と健康シリーズを全て印刷して読んでました。本当に分かりやすくていいですよ。
(参考:看護師お悩み相談室

  • 研修や講習会に参加

私は、メニコンの研修センターで視力検査の仕方や、コンタクトレンズの取り扱いについて学んだり、眼科医会が行っている、眼科コメディカル講習会を受けたりもしました。教科書を見ても眼科ってあんまり載ってないので勉強になりました。」
(参考:看護師お悩み相談室

  • 積極的に先輩に聞く、回数をこなす

「どうすればよかったのかわからなかったことは、あとでカルテを出して先輩に聞いていました。
先輩たちが矯正をしたカルテをみるのも参考になりました。 矯正って、数をこなさないとなかなか難しいと思います。視力がでないと、自分の矯正が悪かったせいではないかと落ち込んだりしてました。
私のあとに入職した人も、やはり視力矯正で悩みました。でも、ある程度おぼえると、結構楽しくできる部分もあると思います。」
(参考:看護師お悩み相談室

2.眼科の看護師がスキルアップできる2つの方法

(1)視能訓練士(ORT)を取得する

全ての業務は看護師にも行えますが、資格取得により、一層専門知識が深まり自分の自信となります。

【視能訓練士(ORT)とは】

  • 視能訓練士法という法律に基づく国家資格
  • 全国に25校ある視能訓練士養成施設で専門的な知識や技能を学び、国家試験に合格後取得できる。
  • 学校に通う必要もあり、難易度は高い。
  • 通学の年数も高卒、大卒、看護学校卒で変わる。(1年~3年)

詳しくは→社団法人日本視能訓練士協会

【視能訓練士資格取得のメリット】
眼科で働く看護師さんの中には以下のような自分の技術や知識に自信が持てないという部分もあります。
資格取得によって知識・技術に自信を持つことができます。
  • 眼科の看護師の仕事に対する不安の声ー視能訓練士とのスキルの差ー

最初に勤めた眼科はORT(視能訓練士)がいたのですが、今の眼科はORTがおらず、正直、斜視や弱視の対応には不安があります。それに自分の視力検査にも今ひとつ自信が持てません。(前の眼科の時は怪しい人はすぐORTに再検査をお願いしてたので…)」
(参考:看護師お悩み相談室

「やはりORT(視能訓練士)の検査技術はどう頑張っても看護師ではマネ出来ません。看護師が行う視力検査とORTでは視力がうまく引き出せるかどうかは雲泥の差があるなって感じました。」
(参考:看護師コミュニティ

  • 実際に看護師から視能訓練士資格を取得した方の声

「取得は看護師が先、ORTは五年前です。偶々、眼科外来勤務になりそこで素晴らしいORTに出会い、向上心が芽生え、準備をして職場を退職。三年間一生懸命勉強しました。現在は看護師八割、ORT二割位で業務しております。ちなみに職場には私以外にORTは三人です。眼科で業務するにあたり全てにおいてORTの勉強は生かされております。つながってますよ。お金や時間をかなり使いましたが全く後悔しておりません。向上心が芽生えた時がチャンスですよ。そして資格は身を立ててくれますよ。
(参考:看護師お悩み相談室

眼科に勤める中で眼科が向いている、長く携わりたいと感じた方は資格取得も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

(2)眼科コメディカル(OMA)に認定される

視能訓練士は学校に通う必要もあり、資格取得の難易度が高いですがそこまでできない方でもスキルアップできる方法があります。

  • 眼科コメディカルの講習を受講し試験に合格する
  • こちらは資格取得という目的ではなく、あくまで眼科の専門的な知識を得たい人が勉強のために講習を受けるもの
  • 以下の眼科に特化したことが勉強できるので、受講後に試験に合格した際には自分の技術や知識に自信を持つことができる。
  • 【学ぶこと】

    • 眼科受付
    • 問診
    • 視器の構造
    • 光学の基礎
    • 眼疾患の基礎知識
    • 眼科用薬剤
    • 視機能
    • 屈折・調節とその異常や検査方法

    (参考:辻中眼科つじなか便

    • 【眼科コメディカル】に認定されるには

    日本眼科医会所属の眼科で1年以上勤務するスタッフであれば、各自治体独自で開催される講習を指定回数受講後、試験に合格すると修了証が発行されます。

    【注意点①】

    • 視能訓練士の普及にともない、「国家資格者が検査をするべき」という世論の流れもあり、平成23年に全国統一模試は廃止。
    • そのため現在は「資格取得者」ではなく「受講修了者」という位置づけ。

    【注意点②】

    • 眼科コメディカルは無資格ではあるが、実際は今でも、求人には「眼科コメディカル資格者優遇」などの記載が多数あり、資格として取り扱う病院もある。

    ※試験期間や講習回数は自治体により変わる。勤務先の病院へ要確認。

    (参考:日本眼科学会
    (参考:清澤眼科医院通信

    【看護師・視能訓練士・眼科コメディカルの違いについて】

    看護師 視能訓練士  眼科コメディカル
    資格  国家資格  国家資格  無資格
    検査業務
    訓練治療
    ・斜視
    ・弱視
    ×
    注射
    採血
    点滴
    × ×
     眼科専門知識
    仕事内容 看護師業務全般

    医師の診察補助

    オペ介助検査&準備片づけなど多数

     検査訓練治療のみ 検査受付

    会計業務
    など

    給料
    働く場所の傾向 全ての医療機関 ・大学病院
    ・総合病院(専門性が高いため)
    ・個人病院
    ・クリニック(比較的安く雇えるため)

    (参考:yahoo知恵袋

    3.眼科の看護師の求人特徴

    (1)給料は自費診療の割合により変わってくる傾向

     

    • 基本給20万前半+各種手当という所が多い

    眼科 看護師 給料
    (参考:看護のお仕事 二本松眼科病院

    • レーシック専門など自費診療の割合が高い病院は高給な傾向(月給30万以上)

    眼科 看護師 給料 自費多め
    (参考:ナースエージェント 求人検索

    (2)求人は少ない

    看護師全体の求人数と比較すると、求人割合は求人検索エンジンでは2%、看護師転職サイトでは10%と、少なめです。(平成28年3月27日現在)

    【求人検索エンジンの求人検索結果】
    眼科 看護師 求人検索エンジン結果

    (参考:indeedキャリアジェットキュウサクの合計から平均数を算出)

    【求人検索エンジンとは】
    インターネット上にある、膨大な求人情報を一括で探すことができるサービス

    【看護師転職サイトの求人検索結果】
    眼科 看護師 看護師転職サイト結果

    (参考:ナースではたらこマイナビ看護師医療WORKERの合計から平均を算出)

    【看護師転職サイトとは】
    会員登録をすればプロのキャリアコンサルトによる看護師の転職に関する様々なサポートを無料で受けることができる、看護師の求人に特化した人材紹介のサービス

     

    (3)求人でチェックする3つのこと

    求人票や病院のホームページを応募前によく確認し、不明な部分は問い合わせたり転職サイトを利用し担当カウンセラーに質問してみましょう。

    入ってから想像と違ったということがないように事前の調査をしっかり行いましょう。

    詳しく書かれていない場合もあるので以下の3点は必ず質問により確認を取ることをおすすめします。

    ①業務内容に関すること

    • 看護師の人数、視能訓練士や眼科コメディカルの有無
    • 手術の有無
    • 1日の来院数や手術件数

    下記の【求人票例】だと視能訓練士が別にいることがわかり、検査を主に担当するのは視能訓練士であること、手術があるため手術準備や介助は必要になりそうなことなどが読み取れますね。

    【求人票例】

    画像⑦

    眼科 看護師 求人例
    (参考:とらばーゆ看護 みずほ眼科

    また、手術件数や来院患者数は下記表①のように病院のホームページを確認すると把握できることが多いです。病院規模と比較して参考にしてみましょう。

    【診療実績がわかる病院ホームページ例】

    眼科手術数実績
    (参考:大阪労災病院眼科

    手術の有無や、検査は主に誰がやるのか、1日当たりの来院数や手術件数を把握することで看護師が関わる業務内容や忙しさを想像しやすくなります。

    ②勤務形態に関すること

    • 常勤の場合の夜勤の回数
    • 日勤の場合のオンコールの有無
    総合病院内の眼科や、入院を伴う手術と設備がある病院だと夜勤やオンコールがある場合もあります。手術がある病院は記載がなくても確認を取りましょう。

    眼科 看護師 オンコール
    (参考:看護roo!医療法人社団 済安堂 井上眼科病院)

    ③眼科経験の有無に関すること

    • 経験者優遇、資格取得者優遇、未経験歓迎、病院が欲しい人材の把握
    • 眼科未経験でも覚えられる環境があるのか
    眼科は未経験でも働くことが出来ますが病院により募集する人材は変わります。
    未経験で眼科への転職を希望する場合は、指導の場を提案している病院をおすすめします。

    画像⑩
    (参考:とらばーゆ看護医療法人社団 杏葉会 山口眼科クリニック

    眼科 看護師 新人歓迎
    (参考:医療WORKER医療法人至誠会 可部市頭眼科

    (4)インターネットを使って効率的な求人探し

    • 眼科のような少ない求人を情報を集めながら探すためにはインターネットの活用がおすすめ。
    • 求人票だけでなく、病院のホームページも自宅でチェックできるので、情報収集には最適。

    次におすすめの求人の探し方を紹介します。

    ア.求人検索エンジンの利用

    求人検索エンジンとはインターネット上にある、膨大な求人情報を一括で探すことができるサービスです。

    【向いている人】
    自分で時間を作って探し、問い合わせも自分で直接した方が納得するというような方

    【主な求人検索エンジン】
    indeed
    キュウサク
    CareerJet

    イ.看護師転職サイトを利用する

    看護師転職サイトとは、会員登録をすればプロのキャリアコンサルトによる看護師の転職に関する様々なサポートを無料で受けることができる、看護師の求人に特化した人材紹介のサービスです。

    【向いている人】
    一人で転職活動を進める時間や手間をなるべく省きたい、サポートを受けながら転職活動をしたい方

    参考までに下記は主な転職サイトの眼科の求人数ランキングになります。(2019年3月時点)

    順位転職サイト名求人数
    1位看護のお仕事
    5,087件
    2位医療ワーカー2,893件
    3位マイナビ看護師
    1,451件
    4位MCナースネット302件

    看護師転職サイトの活用法はこちらも参考になさって下さい。
    みんなの看護部【看護師転職サイト】入職で1人100万円!?デメリットと徹底活用法

    4.まとめ

    眼科の看護師に興味をお持ちのみなさま、仕事内容や環境は想像どおりでしたか?
    特殊な専門分野ゆえに覚えるまでは大変ですが、奥深い世界で面白いと感じる方も多いようです。

    眼科の看護師は未経験でもチャレンジでき、スキルアップの道もありますので目標も持って取り組むことができます。
    面白そうと感じた方は、この記事を参考にしながら、眼科の看護師への転職活動に役立てて下さいね。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    転職や就職を考えていて、こんな悩みをお持ちの方はいませんか?

    • 求人を探している時間がない
    • もう人間関係で失敗したくない
    • 自分の就職活動に自信がない
    そんな方は転職サイトの転職サポートがおすすめです。登録すれば無料で利用できます。
    • 非公開求人の紹介等で時間短縮ができる
    • 職場の内部情報を教えてもらえる
    • 履歴書の添削や面接同席等のサポートをしてもらえる
       

    この記事の作成者: s.endou