準夜勤あり看護師【勤務間隔が短く過酷!2交代制との比較】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
準夜勤 看護師

夕方から出勤し深夜に帰る準夜勤。看護師の皆さんは、この「準夜勤」が夜勤シフトの中でも特にきついと感じる方も多いのではないでしょうか?

今回はたくさんの看護師さんの準夜勤にまつわる悩みをご紹介します。2交代制との比較もしていきますので、ぜひ記事を参考に、今後の働き方に生かして下さいね。

目次

1.準夜勤ありの看護師【体験談からまとめ】
(1)準夜勤の悩み
(2)準夜勤の良い所

2.準夜勤ありの看護師【2交代制と3交代制との比較】
(1)2交代制を取り入れる病院が増えている
ア.夜勤手当の比較
(2)準夜勤はもう辛い【転職を考えた場合】

3.まとめ

 

1.準夜勤ありの看護師【体験談からまとめ】

ご存知の通り、3交代勤務の中の準夜勤は、夕方から勤務が始まり深夜に勤務が終わります。他の看護師の皆さんの準夜勤に関する感想をまずはご紹介します。

(1)準夜勤の悩み

  • 勤務間隔(実質的な休息時間・帰宅してから次に勤務するまで)が短すぎて辛い
    *勤務間隔が6時間以下になる「準夜勤→日勤」のシフトを10.8%の3交代勤務者が行っている
  • せっかくの休みも午前中は寝てしまい休みの半分が潰れてしまう
  • 生活のリズムが取れず常に眠い、体調管理が年々出来なくなってきた
  • 日勤シフトの看護師がやりかけの仕事を大量に引き継ぐこともあり業務量が多くなる傾向がある
  • 夜勤手当は2交代制の夜勤手当の方が高く、準夜勤も同じように疲れるのに手当金額は少ないという不満がある
    *3交代の準夜勤手当は平均3,983円、2交代では平均夜勤手当は10,711円
  • 夜勤時のおやつ交換(多くの病院にある風習)が準夜勤だと月の回数も多くなり、面倒だし金銭的負担がかかる

(参考:看護roo!ステキナース研究所
(参考:看護roo!ナースカタリーナ)
(参考:日本看護協会2015年病院看護実態調査

「準夜の次の日は休みでも、前日夜中まで仕事をしているわけですから、午前中から活動する気にはなれず、だらだら過ごすことが多かったです。そうするとそれでお休みの半分が潰れます。」
(参考:yahoo!知恵袋

「病院で3交替勤務をしています。夜勤の時に一緒に勤務する相手の分のお菓子やジュースを持っていくという風習があります。お互い、あげたりもらったりしますが苦痛です。出勤前にコンビニやスーパーに寄って調達するのが面倒です。」
(参考:看護師お悩み相談室

(2)準夜勤の良い所

  • 朝はのんびり寝ていられる
  • 出勤前の午前中を使って用事を済ませられる
  • 勤務時間が2交代制(16時間)と比べ、8時間なので短く感じる
  • 患者さんが寝てからは比較的業務が落ち着いている

(参考:ナースときどき女子

「日勤ばかりは身体が疲れます。日勤5日とかだと最後の方は身体が重いです。
準夜前にゆっくり買い物したり、用事を済ませたり。準夜は患者が寝るまで大変ですけど寝たら巡回や、抗生剤くらいなので。」
(参考:看護師お悩み相談室

「2交代は長すぎて、何度も時計を見てしまう」
「気付いたらあっという間に終わる準夜勤が好きだった!」
(参考:ナース専科

 

2.準夜勤ありの看護師【2交代制と3交代制との比較】

(1)2交代制を取り入れる病院が増えている

全国の8,563施設の病院に回答を求めた日本看護協会の2013年の調査によると、2交代制の病院が約半数を占めています。以前は3交代制をとる病院の割合が高かったのですが、最近では二交代制をとる病院の比率が上回っている状況です。

~交代制勤務の形態の歴史的流れ~

1950年

(昭和25年)

診療報酬「入院料」に「完全看護加算」を創設(承認基準:なるべく3交代制であること)以降、3交代制が基本となる

診療報酬の制度の承認基準に伴い、看護師の働き方は3交代制が基本でした。
その後、以下のように段階的に2交代制を試行、環境整備が少しずつ行われました。

1994年

(平成6年)

  • 国立病院において試行的に2交代制勤務が可能になる
  • 診療報酬「看護料」に「新看護」体系新設:夜勤体制に関して、「病棟の実情に応じて3交代または2交代の体制をとることはさしつかえない」という届出用件の通知が出される
1996年

(平成8年)

国立病院・療養所で2交代制導入の試行実施後、2交代制のガイドライン策定表明、2交代制の夜勤手当の新設など2交代制の環境が整い始める

このように、3交代制が基本だった昭和25年以降、少しずつ2交代制へ移行する病院が増えていきます。

交代制の形態割合

2008年(平成20年)の厚生労働省の調査結果

2交代制 一般病棟の約6割(64.6%)
3交代制 一般病棟の約4割(41.6%)

(参考:日本看護協会 労働環境の整備の推進

さらに2013年(平成25年)には2交代制、3交代制の変則を含む施設数を細かく分けた結果が出され、現在は以下のような調査結果が出ています。

3交代制(変則を含む) 21.7%
2交代制(変則を含む) 57.4
3交代制と2交代制のミックス 19.2%

(参考:日本看護協会

2交代制が増え、定着してきている背景には、診療報酬制度の変更に伴う変化の他に、

  • 準夜勤や深夜勤には残業が発生しやすいため、2交代なら準夜勤の残業代が浮くという病院側の経費削減
  • 2交代にすると、公共交通機関がない時間帯に帰宅する準夜勤のタクシー代削減になる
  • 準夜勤後の日勤、など勤務終了後から次の勤務までの間隔が短い3交代制での勤務環境悪化の防止

という理由があげられます。

【2交代制で働く看護師の声】
「2交代の病院で勤務しております。2交代の方が夜勤明けで休みもあるので身体的に負担が少ないかなと思います。3交代だと時間こそ短いですが、夜勤明け→準夜勤などありますので大変かと…」
(参考:yahoo!知恵袋

「結局2交代というのは、病院が残業代を減らしたいという意図もあると思います。メリットとしては休みがとれるということですが、疲れすぎて、寝て1日終わってしまうことも多くありません。
うちの病棟では2時間の休憩がとれましたが、ゆっくり休めるはずもなく休んでも休んだ気がしない。
なによりも、16時間病院にいなくてはならないというのが私には苦痛だったからです。」
(参考:看護師お悩み相談室

現在「2交代制」が増えている中で、日本看護協会が「長時間勤務は医療安全や看護師の健康へのリスクがある」という、2交代制のデメリットである「長時間勤務(16時間以上になる場合がある)」が問題になっている点もあり、厚生労働省に長時間夜勤の是正を求めるなど、2交代制拡大に歯止めをかけようとする動きも活発です。

準夜勤は辛いから2交代制がいい、と単純には割り切れない部分が看護師さんにとっての最大の悩みですね。

2交代制と3交代制時間設定例
(参考:中日新聞 中日メディカルサイト

 

ア.夜勤手当の比較

準夜勤

(3交代制)

深夜勤

(3交代制)

2交代制の夜勤
手当額 平均3,983円 平均4,953円 平均10,711円
夜勤回数 準夜勤と深夜勤合わせて平均7.68日 平均4.07回
月の夜勤手当額 約34,274円 約43,593円

(参考:医療労働 2014年度夜勤実態調査
(参考:日本看護協会2015年病院看護実態調査

2交代制での夜勤→長時間労働ではあるが月の夜勤回数が少なく手当金額も高い
準夜勤のある3交代制→1シフトの勤務時間が約8時間と短いが月の夜勤回数は多く、手当金額は少ない

どちらにも大変な部分がありますが、準夜勤での大変さは前後に組み合わされるシフトにより、疲れが取れないまま次の勤務が始まるという点が、夜勤の中でも辛いと感じる1つの原因ですね。

「3交代勤務には日勤して一度家に帰って休憩・仮眠して0時に出勤するという「日勤深夜」という勤務が外せません。これが結構キツイ勤務になります。」
(参考:yahoo!知恵袋

 

(2)準夜勤はもう辛い【転職を考えた場合】

看護師転職サイトのナース人材バンクによる「2交代と3交代、働きやすいのはどちらなのか?」というアンケートの調査結果によると、半数以上の看護師さんが「2交代制」と答えています。

  • 「一晩頑張ればがっつり休める!」
  • 「プライベートの時間数が圧倒的に違ってくる」
  • 夕方から翌日朝までの16時間勤務よりも「3交代の日勤深夜の方がよっぽど辛い」
  • 一晩かけて患者さんを看られるので、落ち着いて情報収集ができる

など、3交代に比べて精神的なゆとりができる、長い時間働くからこそ、気持ちの面でも比較的ゆったり構えていられる点などに多くの方が支持したようです。

しかし、わずか20%ながらも準夜勤のある3交代がいいという看護師さんもいらっしゃいます。

  • 気付いたらあっという間に終わる
  • 子供と長時間離れていたくない
  • 朝まで帰れない2交代の夜勤は、家庭がある場合は協力者の存在も必要になる

(参考:ナース人材バンク ナースの転職知恵袋

このように、勤務時間の短さが合っているという意見や、各看護師さんの家庭事情によっても理想の環境は変わってきます。

2交代制は長時間勤務になることなどをふまえた上で、やはりもう準夜勤は辛すぎる、2交代制の病院に変わりたい、と考えた場合は絞り込み検索やカウンセラーに相談が出来る看護師転職サイトの利用をおすすめします。

看護師転職サイト 絞り込み検索

(参考:ナースフル

看護師転職サイトとは?
会員登録をすればプロのキャリアコンサルトによる看護師の転職に関する様々なサポートを無料で受けることが出来る、看護師の求人に特化した人材紹介のサービスです。求人検索の利用だけでなく、相談する事で病院の情報を得ることが出来ます。

看護師転職サイトをおすすめする理由

  • 「2交代制の病院働きたい」という相談をすることができ、自分に合った施設を紹介してくれる
  • 検索条件を細かく絞り込むことが簡単に出来、自分の希望する施設を見つけやすくなる
  • 気になる病院があった場合、忙しい自分に変わりプロの転職カウンセラーが職場の雰囲気、忙しさ、希望の給料額の交渉などの「気になるけど聞きづらい事」を確認し、転職のサポートをしてくれる
  • 応募が殺到するためにあえて非公開にしている非公開求人情報も知ることが出来る
  • 面接対策や履歴書の添削、入職後の悩みをサポートしてくれる
  • 病院見学に同行してくれる場合がある

上記のように無料で利用できるサービスを賢く使って、次こそは自分に合った働き方が出来る病院を見つけて頂きたいと思います。

 

3.まとめ

準夜勤は夜勤の中でも中途半端な時間に拘束され、疲労がどんどんたまって辛い、シフトの組み合わせ次第で休息時間が短いまま次の勤務が始まってしまう、様々な苦労の声がありました。

はじめは良くても年齢を重ねるごとに大変さが身に染みるという意見もあり、医療の現場は本当に過酷で、看護師の皆さんの身体や心が心配になってしまいます。少しでも多くの方が自分に合った働き方で看護師を長く続けられるよう、今後も影ながら応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

転職や就職を考えていて、こんな悩みをお持ちの方はいませんか?

  • 求人を探している時間がない
  • もう人間関係で失敗したくない
  • 自分の就職活動に自信がない
そんな方は転職サイトの転職サポートがおすすめです。登録すれば無料で利用できます。
  • 非公開求人の紹介等で時間短縮ができる
  • 職場の内部情報を教えてもらえる
  • 履歴書の添削や面接同席等のサポートをしてもらえる
   

この記事の作成者: s.endou