【産婦人科看護師徹底ガイド】※仕事内容、やりがい、本音

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
産婦人科 看護師

「産婦人科の看護師となって神秘的な“命の誕生”に関わる仕事をしてみたい。」

そんな想いを抱いている看護師さんはいらっしゃいませんか?

ですが、出産という命を預かる業務は、生半可な気持ちで足を踏み入れてはいけないような気がしてしまうものですよね。

この記事では

  • 先輩方からの体験談
  • 業務内容
  • やりがいや大変さ

などをお伝えしていきます。

産婦人科の看護師になるために自分が向いているかどうかの判断材料になさって下さいね。

※この記事は2017.9.22
「1.産婦人科看護師を目指す時に知っておくべきこと」
「2.産婦人科|助産師と看護師の業務の違い」
「3.産婦人科看護師の求人特徴」
を更新しました。

目次

1.産婦人科看護師を目指す時に知っておくべきこと
(1)産婦人科は「産科」と「婦人科」から構成されている
(2)産婦人科看護師の業務は多岐に渡る
(3)産婦人科のやりがいや悩みを体験談から把握する

2.産婦人科|助産師と看護師の業務の違い
(1)看護師には助産行為は認められていない

3.産婦人科看護師の求人特徴
(1)給料はクリニックによって高給なケースも
(2)求人件数は非常に少ない傾向
(3)求人で確認する5つの事
(4)インターネットで効率的に求人検索

4.おわりに

 

1.産婦人科看護師を目指す時に知っておくべきこと

(1)産婦人科は「産科」と「婦人科」から構成されている

 

  • 「産科」が妊娠や分娩を扱っており、妊娠から出産までお世話になるところ
  • 「婦人科」は子宮や卵巣に関する女性特有の病気を診てくれるところ

*それらを合わせた「産婦人科」と書かれているところでも、実際は妊婦健診だけで分娩はおこなっていないというところもあります。
(参考:あきたレディースクリニック安田

(2)産婦人科看護師の業務は多岐に渡る

基本的な看護業務の他、新生児のお世話や産後のママさんの指導など仕事内容は多岐にわたります。
また、産前産後のママさんの心のケアや婦人科系の病気や手術で悩んでいる女性の精神的なケアも看護師の重要な役割となります。

【出産前】

  • 検査業務のための採血や予防接種注射、つわり時の点滴
  • 診察、妊婦健診時の介助

【分娩時】*「分娩なし」の病院は他院へ紹介

  • 助産師の分娩介助
  • 帝王切開時や手術必要時の医師のオペ介助

【出産後】

  • 分娩後の授乳指導やママさん指導、沐浴、授乳、おむつ交換などの新生児の処置
  • 産後健診時の介助
  • 点滴の交換、オペ後の痛み止めの座薬や注射、悪露(おろ)交換、尿量チェック

【中絶手術時】

  • アウス(中絶)の手術準備、介助

【婦人科に関する事】

  • 子宮筋腫や子宮摘出、子宮がん、卵巣がんなどの婦人科の手術看護や癌看護、オペの介助
    *「入院設備なし」の病院は診察のみで手術は受け入れ先へ紹介
  • 子宮がんなどの検診介助
  • 生理不順、更年期障害などの診察介助

【不妊治療】*不妊治療の力の入れ具合は病院によるため、人工授精や体外受精の有無はあり

  • AIH(人工授精)やホルモン剤の注射、対外受精、不妊治療検査介助

(参考:看護師お悩み相談室
(参考:看護師お悩み相談室
(参考:看護師お悩み相談室

(3)産婦人科のやりがいや悩みを体験談から把握する

産婦人科の看護師を目指すうえで、やりがいや悩み、大変なことを体験談を通してお伝えします。参考にして頂き、ご自分が本当に産婦人科に向いているか改めて考えてみましょう。

【やりがい】

  • 出産があり、新生児の愛らしさや喜びに関われる
  • 特殊な分野が学べる(出産や婦人病に関わる事)
  • 中絶、帝王切開、子宮がんなどの手術を通して、外科や精神的看護などの幅広い業務が勉強になる
  • 急変に対応できた時の満足感を感じられる

(参考:看護師お悩み相談室
(参考:看護師お悩み相談室

【体験談】

「楽しいことって言えるかどうかわかりませんがやりがいはありましたね。新しい生命の誕生にはいろんなドラマがあります。3日間苦しんでの出産に立ち合った時は感動で涙が止まりませんでした。
(参考:看護師お悩み相談室

「二年間産婦人科で働いていました。魅力は唯一『おめでとうございます』といえるところ。とりあえず最初の一年はなんでも経験して積極的に動く。二年目ではまわりが見えてくるようになり、看護が楽しくなるのでやりがいは間違いなくでてきます。」
(参考:看護roo!ナースカタリーナ

【悩み、大変なこと】

  • 勤務時間外の呼び出し、オンコール待機などが発生する場合もある
  • 緊急事態が発生する事が多い
  • 入院やお産が重なるととても忙しい
  • 一般的な看護技術の衰えを感じる(新生児、ママさんのお世話などを主な担当としていた場合)
  • おめでたいことばかりではないので心が痛むこともある(中絶、死産、子宮摘出など)
  • 助産師との関係が悪い場合がある
  • 助産師資格を持っていないことで肩身が狭く感じたり、分娩に関わる業務ではなく、新生児室の担当になる場合がある

(参考:看護師お悩み相談室
(参考:看護師お悩み相談室
(参考:看護師お悩み相談室
(参考:看護師お悩み相談室

【体験談】

「まさに救急病院でした。時間に関係なく陣痛が来るので、分娩室が空かないまま何人も来られる…と言う状態でした。頭が出てこられた方はドクターを呼ぶ時間さえなく…、という事もありました。」
(参考:看護師お悩み相談室

「1人なら何とかやれましたが 2人や3人オペ患さんがいた時はバタバタでしたし、そこへお産になったら 目が回ってました。
(参考:看護師お悩み相談室

「私の勤務している総合病院だと産科と婦人科の両方なので、命が誕生する現場でもあり亡くなる方もいるので何とも複雑です。
(参考:看護師お悩み相談室

助産師のいる産科なら産前産後とも助産師メインで見ていますし、正直知識の量が違いすぎて、看護師としての存在価値は見い出せません…。外来でじっくり話を聞き、バースプラン等立てるのも助産師だし、乳房ケアも助産師だし…。あとはやっぱり、助産師と産科看護師は揉めやすい印象があります。」
(参考:看護師お悩み相談室

~産婦人科看護師に向いている人~

メンタル面が強い、責任感がある
患者さんも同僚も女性だらけの現場でも円滑にコミュニケーションがとれる
妊婦さんや婦人科の病気で悩む方に親身に寄り添える
 忙しい事や、緊急事態もあると覚悟している

 

~産婦人科看護師に向いていない人~

ゆったりした職場で働きたい
女性同士のコミュニケーションが苦手
 辛い事や悲しい事を引きずってしまう

2.産婦人科|助産師と看護師の業務の違い

産婦人科に勤めるには、正看護師か准看護師の資格があれば可能ですが、出産に関する業務は専門資格を持った助産師がメインで行います。

(1)看護師には助産行為は認められていない

~助産師~

  • 助産行為(お産を助け、子供をとりあげる行為)を(正常分娩に限り)医師の指示なしに行える
  • 産前産後の管理、指導などの様々な計画は助産師が立てる

(参考:看護師お悩み相談室

~看護師~

  • たとえ医師の指示があった場合でも助産行為は認められていない。助産師や医師の介助をする

(参考:キャリアガーデン 助産師の仕事

実際に看護師としてやりがいを感じ働いている方も多くいらっしゃる一方、先の【悩み、大変なこと】でもお伝えしたように、助産師との関係や助産師資格を持っていないという事での業務の差や心の葛藤で悩む看護師の方もいらっしゃいます。

働く中でそのように感じた場合や、もっとお産に関わりたいと強く感じた場合は、助産師資格の取得でスキルアップする事も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

助産師資格取得に関してはこちら⇒ナース専科
  • 看護師経験後、助産師資格を取得し、道が広がった

「私は看護師経験後、助産師学校を受験して助産師資格を取得しました。 実際は・・・確かに楽ではありませんが、結局自分次第なのだと思っています。
助産師はある程度医師から判断を任される部分がありますので、やはりその責任も大きいですし、厳しいのは仕方ないですよね。だけど、助産師って分娩だけじゃなくて産科領域のなかでいろんな方向に進んだり深めたりすることができるし、どの方向に進んでも助産師としての経験が活きるので、道が広がりやすいと思っています。

(参考:看護師お悩み相談室

3.産婦人科看護師の求人特徴

(1)給料はクリニックによって高給なケースも

  • 月収20万前半に夜勤手当や休日手当が加算される

【一般的な産婦人科給料例】

一般産婦人科看護師 給料例

(参考:医療WORKER医療法人社団 白河産婦人科

  • 自由診療(不妊治療・無痛分娩)の割合の多いクリニックは高給な傾向(月収30万前後)

【人工授精や体外受精も行う産婦人科 給料例】

産婦人科看護師 自費診療 給料例

(参考:医療WORKER医療法人社団 樹慶会 神奈川レディースクリニック

(2)求人件数は非常に少ない傾向

  • 求人件数は非常に少ない
・「看護師(准看護師含む)」全体の求人を調べた場合と、「産婦人科 看護師」に特定して求人を調べた場合の求人割合は平均3%と非常に少ない。(2016年3月時点 下記表参照)

・少ない求人の中から自分の理想の求人を見つけるにはとても時間がかかることが予想される。

  • 求人検索エンジンの検索結果
看護師 産婦人科 看護師 求人割合
Indeed 204,527件 5,597件 2.7%
キャリアジェット 1,121,749件 15,558件 1.4%
キュウサク 208,832件 1632件 0.8%
  • 看護師転職サイトの検索結果
看護師 産婦人科 看護師 求人割合
看護のお仕事 46,483件 2,064件 4.4%
看護roo! 15,910件 1,044件 6.5%

(3)求人で確認する5つの事

求人票に明確な記載がない場合は、自分で問い合わせるか看護師転職サイトを利用し担当者に確認してもらいましょう。

①分娩数

  • 分娩数はどのくらいあるか
  • 病院規模にもよるが、1日にどの位お産があるかなどを知る目安となる
  • 病院によってはあえて患者数を制限している場合もある
  •  

    多いから良い、ではなく

    ・自分がとにかくお産の回数をこなしてスキルアップしたい
    ・余裕を持った出産ペースでじっくり覚えたい

    など、自分の目指すところと比べるために参考にしてください。

    (分娩数ランキング全国292件の分娩数は3340件~700件でした。2015年3月)(参考:病院情報局

    ②業務内容

    • 分娩業務はあるか
    • 自費診療の有無や範囲(不妊治療、無痛分娩、プラセンタ注射などの美容部門)
    ・出産に関わる仕事がしたいと思っていたのに分娩を扱わない病院に転職してしまった、という事がないようにしましょう。

    ・総合病院の産婦人科へ転職の際は希望配属先をお伝えしましょう。

    ・病院によっては、人工授精や体外受精などの業務も必要になったり、美容に関する知識も大切になるかもしれません。

    • イメージと職場が違ってしまった例

    元々、お産に興味があったので産婦人科で経験を積んで進学したいと思っていました。実際には「婦人科」になって自分のイメージしていた「産婦人科」ではなく、向上心がなくなってしまいました。
    (参考:看護師お悩み相談室

    ③病院の方針、雰囲気

    • どんな方針を掲げている病院か
    • 病院の雰囲気は自分に合っているか

    ・アロマを取り入れたりなどまるでホテルのようなクリニック

    ・地域密着のアットホームな病院

    ・40歳以上の妊婦は受け入れていない病院

    ・立会出産ができない病院

    など、ホームページを確認すると病院の取り組んでいる事や規定理由を知ることが出来ます。

    【産婦人科の雰囲気、取組みがわかる求人例】

    産婦人科 看護師求人 病院雰囲気

    (参考:とらメディコ医療法人社団 飯野病院

    ④産婦人科未経験での教育体制

    • 未経験でも応募可能か
    • 未経験の場合、教育制度や研修はあるのか
    この記事をご覧になっている皆様は産婦人科未経験者が多いかと思います。

    未経験であることの不安も教育制度や研修制度がある病院なら安心です。
    記載がない場合は未経験でも応募・勤務が可能か確認しましょう。

    【未経験者に対する教育・研修制度がある例】

    産婦人科 看護師求人 教育研修制度
    (参考:医療WORKER新家産婦人科医院

    また、助産師資格取得支援を行っている病院もあります。
    最初から助産師資格も取得したいと考えている方はこのような病院も転職先の候補におすすめです。

    【助産師資格取得支援を実施している病院例】

    産婦人科 看護師求人 助産師資格支援制度

    (参考:山形県寒河江市の産婦人科・内科・不妊治療・婦人科|国井クリニック

    ⑤勤務に関する規定

    • 日勤の場合のオンコール待機や緊急呼び出しはあるか
    • 夜勤やオンコール、時間外の手当の金額の確認
    常勤の方はもちろん、夜勤が難しい方は日勤のみの求人もありますが、その場合も

    ・オンコールの有無や回数

    ・発生する手当の金額

    が記載されているか確認しましょう。
    基本給にプラスされて収入に直結する部分であり、病院によって金額に差があります。

    (4)インターネットで効率的に求人検索

    求人検索には5つの求人検索方法があります。

    1. 知人からの紹介
    2. ハローワーク
    3. eナースセンター(看護協会)
    4. 求人検索エンジン
    5. 看護師転職サイト

    5つの求人検索方法の中でも、「産婦人科看護師」のように求人数も少なく、事前に病院の雰囲気や求人内容をじっくり比較する必要がある場合は、インターネットを活用した4,5の方法がおすすめです。短時間に複数の求人票はもちろん、病院のホームページなどを確認することが出来ます。

    【求人検索エンジンとは】

    インターネット上にある、膨大な求人情報を一括で探すことができるサービスです。

    ハローワーク経由の求人や病院独自に出している求人まで幅広く検索できます。

    【看護師転職サイトとは】

    会員登録をすればプロのキャリアコンサルトによる看護師の転職に関する様々なサポートを無料で受けることが出来る、看護師の求人に特化した人材紹介のサービスです。

    自分では確認しづらい事も担当カウンセラーにお任せできます。忙しくて求人を探す時間がない方や転職活動に自信のない方には、おすすめです。

    『2016年 看護師転職サイト《口コミランキング》』はこちら

    みんなの看護部では求人検索方法をわかりやすくまとめてありますので、ぜひ参考になさって下さい。

    メリット・デメリットもわかりますので、やはり自分はハローワークを利用しようなど性格や費やす時間に合わせて求人検索方法を選んでください。

    ↓地域は限定されますが、助産師、産科の看護師・准看護師の求人に特化した転職支援サイトも存在します。
    (2016年3月17日現在の求人数は714件)

    助産師・産科ナース

    産科 助産師専門 看護師求人

    (参考:助産師・産科ナース

    主な看護師転職サイトの産婦人科の求人数ランキング(2019年3月時点)

    順位転職サイト名求人数
    1位看護のお仕事
    2,281件
    2位医療ワーカー1,827件

    求人検索エンジン
    indeed
    キャリアジェット
    キュウサク

    また、志望動機や面接に関することもこちらの記事をご覧ください。
    【看護師の志望動機】採用担当者がホンネで語る書き方/面接の答え方

    4.おわりに

    産婦人科の看護師として出産に関わる仕事がしたいと考えている看護師の皆さんへ、現場での苦労ややりがいを、先輩方の声からお伝えしました。
    ハードな職場ではありますが、やりがいを見出し産婦人科で誇りを持って働く看護師さんもたくさんいらっしゃいます。

    まずは自分が本当に向いているか改めて考えるために、求人検索の前に参考にして頂けたらと思います。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket

    転職や就職を考えていて、こんな悩みをお持ちの方はいませんか?

    • 求人を探している時間がない
    • もう人間関係で失敗したくない
    • 自分の就職活動に自信がない
    そんな方は転職サイトの転職サポートがおすすめです。登録すれば無料で利用できます。
    • 非公開求人の紹介等で時間短縮ができる
    • 職場の内部情報を教えてもらえる
    • 履歴書の添削や面接同席等のサポートをしてもらえる
       

    この記事の作成者: s.endou